« ネットラジオがすごくラジオっぽい | メイン | 今年は良いことも悪いこともなかった。 »

9(nine) 届きました。

9 の箱

発売日の昨日、無事入手しました。ひととおりレビューを。

スレンダーで背が高い、モデル的体型

[es] と 9

[es] と並べてみました。長さは見た目あまり変わりません。でも幅と薄さが段違い。
下には新旧の W-SIM も並べてみました。左が旧いの、右が新しいのです。

素っ気ない外観と比べて、愛嬌のある UI のデザイン

待ち受け画面メインメニュー

左が待ち受け画面、右がメインメニューです。どちらも角の取れたデザインで外観とは対照的。
この待ち受け画面は、待受中時計表示の「時計2(24H)」というものを選択した状態(というかデフォルト)です。
上中下と3分割されていて、上から季節のアイコン、時計、日付です。季節のアイコンは文字どおりその時々に合わせて表示が変わります。今はクリスマス前なのでそれっぽいのが。
時計は、秒の1の位が15秒ごとに上にスライドしていきます。

フルブラウザは可もなく不可もなく

NetFront を搭載しています。JavaScript には対応していますが Flash や Java アプレットなどの動的コンテンツは不可。Flash くらいは対応して欲しかった。
まぁ、普通のケータイブラウザよりは使えますし、ウィルコムなので通常のパケット定額の範囲内になるのが良いですね。
本格的に Web を閲覧したくなったら [es] を使えば良いだけのことです。

メディア関係は一昔前のレベル

音楽や動画の再生機能はありません。
JPEG、GIF、PNG、BMP の表示と、MIDI データの再生は可能。MIDI データはそのまま着メロに設定できます。
ほかにファイルとして扱えるデータは vCard 形式のアドレスデータとプレーンテキストのみです。
そしてそれらを保存できる容量は 1.5MB。今時少なすぎますよー。

PC との USB 接続

PC とは、USB 接続でデータの連係ができます。標準添付の CD-ROM には、9 用の Windows 2000/XP デバイスドライバ、データ連係ソフトと、さらに Jungle のケータイデータ連係ソフト「携帯マスターNX」を 9 に対応させた「携帯マスターNX for WILLCOM」が納められています。
「携帯マスターNX for WILLCOM」は製品版同様いろいろなキャリアの端末に対応しているので、ケーブルさえ持っていれば相互のデータの移し替えも可能です。
なお、9 はモデム機能には対応していないのですが、9 を PC に接続すると Windows からはモデムとして認識されます。ハイパーターミナルで AT コマンドを打ってみたところ、ATZ にはちゃんと応答しますが ATDT で発呼することは出来ませんでした(NO CARRIER)。

あと、USB 充電対応です。便利。

他には・・・もうない。

というわけで、非常にシンプルな端末なのでもう特にふれるべきところはありません。
このシンプルさがいいんですよ。カメラとか無いと寂しい人にはお勧めできませんけどねw

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://qlo.jp/MT/mt-tb.cgi/153

コメントを投稿

Verification (needed to reduce spam):

Technorati

Technorati search


» ここにリンクしているブログ

アーカイブ

最近のコメント

RSS Feed
powered by FeedBurner

qloblog + qlip Feed (beta)
このブログのフィードと、私の livedoor clip のフィードを統合したフィードです。
powered by Yahoo! Pipes