« 美浜サーキット行ってきました。 | メイン | Canon IXY 700 »

仮想大賞

今更ですが、このところ VMware Player と Microsoft Virtual PC 2004 で遊んでます。

VMware Player は、基本的には VMware 形式の仮想マシンイメージを「再生」するソフト。これ単体では仮想マシンを作成したりすることはできませんが、vmxMaker と QEMU のディスクイメージ作成機能(qemu-img.exe)を使うことで簡単に仮想マシンを作る事が出来るので、あとはこれに VMware Player 上で OS をインストールすれば OK です。

ゲスト OS に "VMware Tools" という専用ツールをインストールすると、標準では VGA しか表示できないのが改善されたりとか、マウスポインタがホスト OS との間で自動的に行ったり来たりできるようになったり、時刻の同期を取ったりできます。
ただし VMware Player には同梱されていないので、別途用意する必要があります。ちょっと前は、VMware Workstation の Linux 評価版アーカイブから取り出して使うのがハヤリだったみたいですが、今は VMware Server フリー版の方が手軽にダウンロードできる(VMware Workstation 評価版はいろいろ個人情報を入力しないとダウンロードページに行けない)のでこちらがオススメです。
ていうか最初から VMware Server を使う方が楽なのかも・・・。でも Player の方が軽そうなんで。

なお、VMware Tools は Windows 用以外にも、Linux、Solaris、FreeBSD、NetWare 用があります。

Virtual PC はひととおり必要な機能がそろってて、仮想マシンの作成もこれだけでできます。CD-ROM のディスクイメージのマウント/アンマウントが仮想マシンの起動中でもできるので、OS のインストール時に複数の CD-ROM を入れ替えなければならないような場合はこちらの方が楽。VMware ではこういう場合、イメージを実際に CD-R に焼いて、リアル CD-ROM ドライブを使って入れ替える必要があります。
ちなみに、Virtual PC がサポートしているホスト OS は Windows 2000 Professional と Windows XP Professional なのですが、「サポート外ですよ」という警告が出るものの Windows XP Home Edition にもインストールすることができました。

Virtual PC にも、"バーチャル マシン追加機能" というゲスト OS 用専用ツールがあります。出来ることは VMware Tools とほぼ同様。VMware Player と違ってこちらは同梱されているので、Virtual PC のメニューから "バーチャル マシン追加機能のインストール/更新" を選択すればすぐにインストールできます。ただし、こちらは Windows 用以外には MS-DOS 用と OS/2 用しかありません。

ひととおりいじくってみて、やっぱり Virtual PC は Windows に最適化されてる模様。ゲスト OS が Windows の時は VMware より性能が良いように感じます。とはいえどちらも仮想マシンとは思えないくらい快適に動く。QEMU や Bochs は CPU レベルでエミュレートしているためどうしても動作が重たい(そのかわり、ホストマシンの CPU とは違う CPU のバーチャルマシンを動かすことが出来る)ですが、VMware や Virtual PC なら十分実用できます。

そんなこんなで、調子こいてたくさん仮想マシンを作ると、仮想ディスクファイルにホストの HDD 容量が食われてえらいことに。増設したいなぁー。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://qlo.jp/MT/mt-tb.cgi/108

コメントを投稿

Verification (needed to reduce spam):

Technorati

Technorati search


» ここにリンクしているブログ

アーカイブ

最近のコメント

RSS Feed
powered by FeedBurner

qloblog + qlip Feed (beta)
このブログのフィードと、私の livedoor clip のフィードを統合したフィードです。
powered by Yahoo! Pipes