« mixi ミュージック | メイン | 「炭酸珈琲」飲みました! »

12年分の永遠。

ヨコハマ買い出し紀行 14 (14)ヨコハマ買い出し紀行 14 (14)
芦奈野 ひとし

講談社 2006-05-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とうとう完結してしまいました。
すごく好きな作品だったので終わってしまったのは正直残念。
けど永遠に続きそうな雰囲気のこの作品。変に人気に引きずられたり、逆に打ち切られたりして中途半端になることなく、きちんとした区切りを迎えられたことはとても良かったと思います。

これまでは、ロボットであるアルファ、ココネとその他の人物との間にある、時間の流れ方の相違がクローズアップされる形で「時間」が描かれてきました。むしろアルファ達については時間が止まっているかのように感じることもありましたが、この巻ではそんな2人にもそれなりに時間が流れはじめている様な気がします。時間とのつきあい方がやっと分かってきた・・・みたいな感じです。

ただし、他の人たちの時間はそれを上回るスピードで過ぎていきます。
おじさんなんかはこの巻でとうとう1度も姿を現しません(注:元気で生きてはいるみたいですよw)。
先生は自分の時間の終わりを意識し、その後の時間とのつながりをアルファに託します。
タカヒロとマッキも次の時代に・・・

よく考えたら私もこれを読み始めたのは高校生の時でした。なんだかとっても最近のことだったような気がします。この作品を読みながら進んできた私の時間そのものが、この作品の時間の概念に重みを与えているのでしょうか。

ずーっと何も変わらないようで、どんどん変わりゆく世界の中。
アルファは相変わらずあの場所で、主人の帰りを待ち続けるのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://qlo.jp/MT/mt-tb.cgi/67

コメント (1)

あやね:

いつの間に完結を・・・。

ここ数ヶ月アフタヌーンを買っていなかった間に完結してしまうとは、なんとも運の無いことです。

今思い起こせば、そんな雰囲気もあったかなーって感じです。

コメントを投稿

Verification (needed to reduce spam):

Technorati

Technorati search


» ここにリンクしているブログ

アーカイブ

最近のコメント

あやね on 12年分の永遠。: いつの間に完結を・・

RSS Feed
powered by FeedBurner

qloblog + qlip Feed (beta)
このブログのフィードと、私の livedoor clip のフィードを統合したフィードです。
powered by Yahoo! Pipes