« SO902i は1月中旬発売? | メイン | SONY + AAC ? »

テスト・ザ・ネイション 2005

2003 年はその存在を後で知り、
2004 年は見逃しました。そして今年、
2005 年はようやく参加することが出来た
テスト・ザ・ネイション
果たしてその結果は・・・。

IQ 108。普通すぎました。でもまぁ予想どおりと言ったところ。

(※ 2005/12/20 追記:IQ 表を読み間違えていました。正しくは IQ 121 でした。)

詳細はというと、
<左脳テスト>
(1) 分析力:13/15
(2) 論理力:13/15
<右脳テスト>
(3) 空間認識力 15/15
(4) 想像力:10/15
<総合テスト>
(5) 記憶力:5/10
(6) 判断力:10/10
<志向性テスト>
B(モノ型)

総正解数:66/80
でした。

結果をもっと細かく見ると、基本的に記憶力が絡むと正解率が低い。職場で電話を取ったときに、最初に名乗っているにもかかわらず取り次ぐ時にはもう相手がどこの誰だったか忘れている私には短期記憶は不向きです。これはかなり注意して覚えるようにしているのですが、メモを取り損ねたらほぼ全滅です。

あと顕著なのは、想像力に2つあった「顔」が絡む問題。これはもう2つに1つは間違えてます。特に「顔の順序記憶」は苦手分野の複合種目で5問中2問しか正解出来ませんでした。

同じ「想像力」のテストでも「ロープの結び目」は余裕で全問正解なので、どうも人の顔というものに関心がないっぽい。志向性もヒトよりモノですし、現実に「君はあまり他人のことに興味を示していない様だ」と周囲の人から言われます。

そして、(5) 記憶力は言うまでもなくボロボロ。(6) 判断力は満点とこれまた明暗くっきりでした。
これでも暗算3級なので、「フラッシュ足し算」は序の口。
でも mixi では「暗算が苦手」というコミュに入ってます。というのも、もっと実用的な、スーパーで買い物をするときに使うような計算が苦手なんですよね。何個入りでいくらだからこっちのがお得だとかそういうの。
「即断!右手・左手」は表示された瞬間に分かってしまい、何が難しいのかの方が疑問でした。

結果のまとめです。
脳のタイプで言うと右・左・モノ型。
もうまったくその通りです。何の反論もございません。

しかしこのタイプの適職は・・・研究者、建築家、漫画家、エンジニア、ゲームクリエイター、獣医、料理人。
どれもまったく向いていない様に思えます。ていうかどれもなりたくありません。
でも解答ソフトでの事前適職診断では現在の適職度は 46 % でした。どっちかっていうと向いてない。
つまり文句言わずに地道に働けということですね・・・。がくり。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://qlo.jp/MT/mt-tb.cgi/13

コメントを投稿

Verification (needed to reduce spam):

Technorati

Technorati search


» ここにリンクしているブログ

アーカイブ

最近のコメント

RSS Feed
powered by FeedBurner

qloblog + qlip Feed (beta)
このブログのフィードと、私の livedoor clip のフィードを統合したフィードです。
powered by Yahoo! Pipes